にんにくの健康効果

「にんにくを食べてスタミナをつける」とか「にんにくを食べると元気になる」という話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。実際、にんにくには様々な健康効果があります。ここではにんにくの健康効果について書きたいと思います。

 

疲労回復効果

 

にんにくには「アイリン」という成分が含まれています。このアイリンという成分はビタミンB1と結合することで「アリチアミン」という成分に変化します。そしてこのアリチアミンには疲労回復効果があります。

 

生活習慣病 リスク軽減効果

 

にんにくには「アリシン」という成分も含まれています。このアリシンは熱を通すことで「スコルジニン」という成分に変化します。そしてこのスコルジニンには血管を拡張する効果があります。血管が拡張されると血流が増大しますので血行が促進されます。

 

血流が悪くなりいわゆる「ドロドロ血液」になってしまうと「脳梗塞」「心筋梗塞」「動脈硬化」を発症するリスクが高まります。ニンニクに含まれているスコルジニンの血行促進作用によりドロドロ血を改善することで、これらの病気のリスクを軽減することができるのです。

 

新陳代謝 活性化

 

スコルジニンには血行を促進する作用の他に新陳代謝を促進する作用もあります。人間の体は数えきれないほど多くの細胞から成り立っており、それぞれの細胞は日々生まれ変わっています。そして新陳代謝が衰えていると、これらの細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなり、それに伴ってその機能も衰えてしまいます。

 

にんにくに含まれている成分には新陳代謝を活発にする効果がありますので、細胞の生まれ変わりも促進され健康な肉体を保つことができるのです。

 

免疫力アップ

 

さらにニンニクには免疫力を高める効果もあります。世の中には様々な細菌があふれていますし、人間の手や食べ物にも多くの細菌が付着しています。それでも病気にならないのは免疫機能によって体が守られているからです。ところが「不規則な生活」「睡眠不足」「ストレス」等によって体力が落ちてくると、免疫も落ちてしまい病気になりやすくなってしまいます。

 

この点、にんにくに含まれている「硫化アリル類」は殺菌効果があるため様々な細菌や感染症から体を守ってくれます。

 

 

以上のように、にんにくには様々な健康効果があります。「にんにくをそのまま食べるのはにおいが苦手でできない」という方でも、現在ではニンニクエキスを主成分とするサプリメントが多数販売されていますので、毎日の健康のためににんにくの摂取を検討してみてはいかがでしょうか。